7月23日、「東川優子宮司の神道~かんながらのみちのおはなし」です

いよいよ、7月23日土曜日は、私の第一回の講座「東川優子宮司の神道~かんながらのみちのおはなし」です。

今回、一回目なので簡単なお話から始めようかと思っていたのですが、来られるメンバーが濃い方が多いので、神祭りの本質に迫る考察を皆様と深めたいと思います。

江戸時代、国学者が日本古来の神道のありかたについて深く議論して古来からの日本の宗教観を再認識しようと試みました。
その時代の文献を参考に、今、これから求められる「神道」について歴史を踏まえながらお話したいと思います。

まずは、「玉串を奉る」にスポットを当てて、榊に紙垂をつけた玉串とは何なのか?そこから見える「神人一体となる神祭り」について紐解いていければと思います^^

もちろん、毎回、参拝の仕方等を実際に練習したいと思います。
まずは、正しい拝礼の作法についてお教えしますね^^

皆様のお越しを楽しみにお待ちしています^^
前日までにメールかお電話でお申込みくださいませね^^

2016年7月23日(土)14時~16時
サロン&カフェみとしの森にて
会費:お茶お菓子付き2500円

https://www.facebook.com/events/243147546065712/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です